メタボメ茶でダイエット



メタボメ茶とは

 

メタボメ茶カップ用30個入3袋セット

 

 

できることなら困難や努力を避けながら楽にダイエットをしたいと誰もが願っていると思いますが、実際にはなかなかそううまい話はないようです。

 

 

そんな中、最近特に注目されているのが「メタボメ茶」という健康茶のようで、このお茶は普通に家族全員でも飲めるので、気軽にチャレンジできるのも好評となっているようです。

 

 

「メタボメ茶」はティーライフ株式会社が販売している人気製品で、これにはアントシアニン、サポニンイソフラボンを含む「黒豆茶」を中心に、「プーアール茶」と、油っこい食事のお供となる「烏龍茶」や「杜仲茶」がブレンドされたお茶となっていて、みんなが思わず「ベタ褒め」したくなるお茶というわけです。

 

 

今までいろいろなダイエットに挑戦しては挫折してきた人でも、最後にあきらめる前に、このお茶を食事時や午後のティータイムに一杯加えてみては如何でしょうか。メタボメ茶の主原料となっているのは黒豆なのですが、これの善し悪しで製品としての味や成分も大きく変わってくるそうで、この製品の黒豆は十勝産を中心に全て北海道産のものを使用しています。

 

 

黒豆栽培農家の中のある畑では、約60haの畑でジャガイモ・ビート・黒豆・小豆を輪作で栽培しているのですが、ここは減農薬で栽培する「エコファーマー」に認定されているそうです。

 

 

実際の黒豆畑の奥の畑は緑色なのですが、これが緑肥で肥料になる草の畑となっています。この草を土にすき込んで土の力を回復させ、牧畜農家から堆肥と牧草と交換するなど、北海道ならではの利点をうまく利用しているのが特徴で、黒豆の品質のためにいろいろな工夫を凝らしています。

 

 

メタボメ茶の黒豆は何より黒豆にこだわらないといけないわけで、黒豆を焙煎してお茶にするため、割れたり粒が不揃いだと均一な火入れができずにマイルドな風味が出ないそうです。こうした点からも、北海道の指定の畑で作られる黒豆はメタボメ茶用に最適となっています。