メタボメ茶でダイエット



メタボメ茶の成分と効果

 

メタボメ茶 ポット用 ティーバッグ 30個入 + ハリオ 耐熱茶茶急須丸 450ml (メタボメ茶特別セット)

 

 

ティーライフ株式会社のメタボメ茶は、「黒豆茶」、「プーアール茶」、「烏龍茶」、「杜仲茶」がブレンドされたお茶です。

 

 

ここで主成分となる黒豆茶の栄養成分ですが、最大の特徴はブルーベリーと同じアントシアニンという黒い色素が豊富に含まれている点です。これはポリフェノールの一種で、活性酸素を減少させる抗酸化物質です。

 

 

黒豆はアントシアニンの中でも特に抗酸化作用の強いシアニジンが豊富なのです。このシアニジンがすごい力を発揮するわけで、脂肪の吸収を抑制して脂肪を減らしてくれる効果があるとされており、この抗酸化作用によって活性酸素を減らし、更には血液サラサラや体脂肪をつきにくい体質に変えてくれます。

 

 

他にも豊富に含まれる成分として、サポニン、イソフラボン・大豆たんぱく質、食物繊維、レシチン、ビタミンB1・B2、などがあります。漢方薬などの生薬でもサポニンを含むものが多く、特に界面活性作用を利用した去痰薬がよく知られ、補気作用などの薬理作用を示すとされています。

 

 

「プーアール茶」もすっかりお馴染みですが、これは中華人民共和国雲南省南部や南西部を原産地とする中国茶(黒茶)の一種で、これの特徴は、多くの生茶が老木から作られている点で、ミネラル濃度が極めて高くなっています。

 

 

これを飲むと、血圧が下がって血液循環が改善されることで知られており、更には快眠、排便の改善、花粉症などのアレルギー体質の改善が見られるとされています。

 

 

「杜仲茶」の原料であるトチュウの樹皮の「杜仲」という生薬は医薬品として扱われています。これは腰痛、足腰の倦怠感解消、頻尿、肝機能・腎機能の強化、高血圧に効果があるとされており、この葉を煎じた杜仲茶も、血圧の降下や肝機能の機能向上に効果があるとされています。こうした「いいとこ取り」をしているメタボメ茶ですから、その効果を期待しないわけがありません。